美容対策方法はいくつかありますが、最も簡単な美容方法と言えばやはり適度な運動なのではないでしょうか?
確かにエステや家庭用美容グッズなどを利用することで美しさを手に入れることは出来ますがまずは運動から始めてみましょう。 今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く「ストリッピング手術」が主流でした。
しかしこの手術では傷跡が残ってしまったり、1?2週間の入院が必要になるなど患者の負担も高いというデメリットがあったのです。
静脈瘤というのは、足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことです。
その結果血液が静脈内にどんどんと溜まってしまうことによって発症してしまう病気なのです。

 

最近急速に普及してきているのが、レーザーを使った静脈瘤の治療法なのです。
レーザー治療は、局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、痛みや傷跡がほとんど残りません。 美容の悩みの中には、自分自身の努力では改善することの出来ない症状もあるものです。
無駄な努力というワケではありませんが、確実に安全な美容を求めているのでしたら美容整形をオススメします。



静脈瘤へのレーザーによる治療ブログ:20/7/02

減量を頑張っていても
どうしても我慢できないのがおやつ。

確かに減量中は、
おやつを食べないのが一番いいんですが
全ての人がそんなに我慢強いとは限りません。

食べたくて食べたくて仕方ない人もいますよね?

そういう人は
我慢しすぎるとかえってストレスが溜まり、
急激な過食・大食いに走る可能性があります。

ですから被害を最小限に抑える意味でも、
減量を食べたくなったら食べちゃいましょう!
そのほうが減量に成功すると思います。

でも、いくつか条件があります。

まず、
いくらおやつOKといっても、
毎日はさすがにNG!

基本は
どうしても我慢できなくなったときだけです。
それを踏まえると一週間に一度、
駄目なら3日に一度ぐらいが
目安となるでしょう。

毎日、食べたものをチェックしていけば、
前にいつおやつを食べたのかわかりますよね。

また、
晩にご飯するほうが太りやすいですよね?
当然おやつも
晩に食べたほうが脂肪になりやすいわけです。

ですから
どうしてもおやつを食べたくなり、食べることになっても
晩には絶対食べないでくださいね。
ベストは3時ぐらいまでに食べるのがいいでしょう。

そして、おやつの量についてですが、
せいぜいケーキ一つ(約500カロリー)ぐらいですね。

コーラにポテチ、板チョコ…なんて
まとめ食いしたらあっという間に
1000キロカロリーをオーバーしますよ!

和菓子が好きなら
その方が少し量を食べられるかも知れません。
洋菓子や揚げ物はやはりカロリーが高いですからね…

質より量!なんて思うんでしたら
食べるおやつの種類も考えてみると良いかも知れませんね。



このページの先頭へ戻る