円安、円高

よくニュースなどで「円高」「円安」という言葉が出て来ると思います。チラシなどでも「円高還元セール」なんて単語が載ってるのを見たことある人もいるかもしれません。「円高」だとどうしてセールになるんでしょうか。

ではまず、1ドル=100円だったものが1ドル=95円になった場合、これは「円安」なのか、「円高」なのか。一見円の数字が低くなってるので「円安」かと思ってしまうかもしれませんが、実は逆です。この場合は「円高」になります。どうしてそのような言い方をするかというと、「ドルに対して(円)の価値が(高)まった」ということを表しているのです。なので1ドルが95円だけで買えるようになったから「円高」になります。逆にこの場合「ドル安」になったといえます。一例として、あるアメリカのブランドショップの商品をお土産として購入するとします。仮に値段が100ドルピッタリだったとして、1ドルが100円だった時は10000円ということになります。これが円高になり、1ドルが95円になると9500円で購入出来てしまうということになり、円高の時に購入したほうが同じ値段なのに安くなることになります。もっとドルの価値が上がってしまい、1ドルが120円にまでなってしまったとすれば、100ドルは12000円、1ドル=95円の時に比べると実に7000円も変わってしまいます。なので海外へ向かう際は円の価値が高いうちの方が良いといえるでしょう。もちろん、戻ってくるときも注意が必要です。海外に行っている間に、更に円高が発生してしまうと、ドルを円に戻す時に額が減ってしまいます。なので外貨両替をする時は、ドルに変えるときだけではなく、自国のお金に戻すときのことまで考えたほうがいいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *