外国調替というのはどのようなものか

世界にはさまざまな通貨があり、その国の中で有効に使われています。

しかし、ドル、ユーロ、円のように、世界中や一部の経済圏で通用する貨幣はごくで、だいたいはドルなどに交換しないとほかの国では使えません。

特に投資の場合などで、アメリカで運用する時にはドルを自国通貨で買います。イギリスではポンド、ドイツではユlロというように替えなければなりません。

ここで重要なのは、その国で通用するということと、投資できるということの違いです。例えば、シンガポールではアメリカドルで買い物ができます。しかし、預貯金をする時には、シンガポール・ドルになります。

日本でもドルショップができてドルを使えますが、銀行や郵便局の預金では、やはり円紙幣を持っていかなければなりません。このように、通貨は、その用途に応じてはじめて使えるのです。しかも、為替市場では需給関係で、どちらかの通貨に高い安いといった相場の差が生じます。当然買いの多い方が高くなります。為替市場で、常に円・ドルのレートが変動しているのはそのためです。

もちろん、ドルの変動は、ほかの通貨の変動にも影響を与えますので、為替は国際的に影響し合いながら、相場が形成されていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *