為替の変動は「買いと売り」のバランスで決まる

為替市場には、さまざまな機関が参加します。

例えば、円高・ドル安になれば、生保、証券、銀行などはドル建てでの預金、投資信託の設定のためにドルを買います。

それに対して輸出業者は、これ以上のドル安は損害が大きくなると判断して、先物でのドル予約を入れます。

このように同じドル安でも、利害は対立しますので、本来は持ち合いになり、大幅な上下の動きはないはずです。しかし、これに投機筋が絡んできますと、彼らは手持ち資金の何十倍ものお金を動かし、とにかく大きな利益を出そうとして強引な動きをします。

これは円高・ドル安でも、円安・ドル高でも、とにかく相場が動けばよいわけですから、どちらかに動かそうとするわけです。

それと反対なのが金融機関で、どちらかに持ち高を増やすとリスクが大きくなるので、どちらか一方に傾いた時は、反対の売買をします。その意味では、銀行などは、中立的に動くわけですが、ヘッジファンドのようにドルで儲けようとする勢力は、ドルの水準を小刻みにみながら、リスクを少なくして売買を繰り返します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *