外貨預金

外貨預金の場合、その日のマーケットの値動きが仲値よりもドル高円安に動けば顧客にとっては有利な形となりますが、その反対にドル安円高へ向かってしまうと、実際レートよりも不利な取引レートで売買をしなくてはなりません。

銀行の外貨預金には、大別して「外貨普通預金Jと「外貨定期預金」の2つがあります。このあたりは円建ての預金と同じです。
しかし、外貨普通預金のほうはその適用利率がきわめて低いことから、外貨運用手段としての魅力に欠け、実務として外貨の需要がある方以外には、その有用性は乏しいということになります。
したがって、一般のほうが運用手段として銀行の外貨預金を選択される場合にはその対象はおのずと、比較的に金利の高い外貨定期預金に的を絞られるこ ととなるかと思います。
ただ、「定期預金」というからには、当然にあらかじめ設定された預入期間があるわけです。
預入期間内にマーケットが思わぬドル高円安の展開となり、預けている外貨預金に相当な含み益が出たら、顧客の立場としてはどうでしょうか。
しかも、そのレートは今や天井水準と見られるレベルまで上昇し、このまま では再びドル安円高へと転じてしまうかもという状況になったら、いったいどうでしょうか。
途中解約ができない外貨定期預金であれば、その状況を泣く泣く指をくわえて見過ごさなくてはなりません。あるいは解約できたとしても、せっかく約束 された高金利を犠牲にして、途中解約ペナルティに伴う低利率の適用に甘んじ なくてはならないわけです。

One comment on “外貨預金

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *