外国為替が取引される理由とは


通貨への需要、通貨価値のヘッジ、売買益の追求が三大要因に外国為替を取引する理由は三つあります。 一つは通貨への需要があるからです。私たちがイギリスへ旅行する場合、イギリスで流通している通貨のポンドが必要ですから、銀行へ行って円をポンドに換えると いう外国為替取引をします。また 自動車会社がアメリカヘドル建てで自動車を輸出した場合、代金はドルで受け取りますが、日本国内でドルは流通していませんので円が必要になります。そこで受け取ったドルを円に換える外国為替取引をすることになります。このように 一つの通貨に対する需要から、外国為替取引をすることになります。 二つ目は、 通貨の価値をヘツジ するためです。

輸出時点でのドルと円の外国為替レートが1ドル14000円だとしても、 3か月後の決済日の外国為替レートは 1ドル13000円と円高になっているかもしれません。 つまり、それだけドルの価値が目減りする可能性があるわけです。ドルの価値が目減りするということは、円に換えた場合の受取り価額も目減りします。 たとえば輸出時のレートが1ドル140円で100万ドルの輸出をした場合、輸出時点でのレートが続けば決済日に14000 万円の円を受け取れます。