オーストラリア・蒙ドル


オーストラリアの中央銀行は「オーストラリア連邦準備銀行(The Reserve Bank of Australia) は、その頭文字をとってRBAと呼ばれ ます。このRBAでは原則として毎月第 1火曜日からの2日間「金融政策委員会」を実施し、政策金利をはじめとする金融政策を決定、 2日目に発表します。この金融政策委員会ですが、毎回決まって早朝に開催され、現地時間の午前9時半(日本時間午前8時半)には早くもその内容が発表されてしまうことから、通称「フレックファーストミーティング」とも呼ばれています。

現在のオーストラリアの政策金利はオフィシャル・キャッシユ・レートと呼ばれ5.75%と先進国では、高金利に当たります。いかに私たちがバブル崩壊以後、長い間、低金利に慣らされていたか、わかります。

このオーストラリアは、政策金利を発表した際に、「もし世界経済が こんなに悪くなかったら、利上げをしていたはずなのにとも発言しています。また、国家財政も一時の財政赤字体質からの脱却を目指し、小さな政府を実現し、国家財政基盤も磐石の物となっています。

オーストラリアドルは通称オージーと呼ばれます。通常オージーというと、オーストラリ アドル、もしくはオーストラリアドル/米ドルを意昧します。豪ドル/円は、 オージー円とよく呼ばれます。やはり、こちらもポンド/円同様に、インターバンクでは、オージー円単体取引はほとんどなく、パラしてオーストラリアドル/米ドルと米ドル/円取引を行うのがもっぱらです。